名港フラワーブリッジNews

HOME > ブログ > 【Relay Freshness】品質向上のための取り組み①
2020/06/23
【Relay Freshness】品質向上のための取り組み①

「Relay Freshness」と書かれたお花のマークをご覧になったことはありますでしょうか?

 

 

こちらはMPSジャパン株式会社様による「花き日持ち品質管理認証」の審査に合格した花き業界関係者のみが表示できるマーク。

 

「花き日持ち品質管理認証」は花き業界全体の日持ち性への意識を高め、お客様に品質の高いお花をお届けするために作られた認証制度です。

 

 

営業企画部は「花き日持ち品質管理認証」を取得された小売店様をお尋ねし、品質向上のための取り組みについて取材させて頂きました!

 

今回ご紹介するのは名古屋市内・市外に店舗のある株式会社アイビー様。

Ivy Flowers長久手店様とフランテフローラ極楽店様にお伺いしました。

 

 

スタッフさんが交代で管理されているアイビー様の店舗では、具体的なチェック項目に乗っ取って店内とキーパー内の温度管理をされています。

誰がお店にいても管理体制を保つことができますね。

 

また切花をご購入の方には切花栄養剤の小袋、加えてお花の生け方の説明書を無料で配布。

ボトルでの販売もされており、ケース買いされる方もみえるほどお客様に定評のある商品です。

 

 

もちろん店内の活け水にも切花栄養剤を使用、バケツは洗剤で洗って乾かす・使用したハサミの消毒をする・カウンターをまめにふきんがけして綺麗に保つ

など清潔さを重視されています。

 

日持ちは商品のクオリティ、品質のベースになるもの。全店に温度計などの管理設備を備え、日持ち性の向上、維持に取り組まれています。

 

 

 

 

こんなPOPがあると安心してお花を持ち帰りできそうですね。

 

 

 

新型コロナウイルス対策を受けていっそう作業台や買い物かごなどの消毒を徹底されているアイビー様では、

お客様への感謝の気持ちを込めてメッセージカードをお渡しされたそうです。

 

 

まだ世の中は落ち着かない状況にありますが、お花を通じた気持ちのやり取りに心が和みました。

外出がしづらい今、元気なお花と一緒ならもっとお家で過ごす時間を楽しめそうですね。

 

 

営業企画部

 

一覧ページに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。