名港フラワーブリッジNews

HOME > ブログ > 【6月2日はローズの日】花言葉で想いを伝える~色編~ 
2020/05/26
【6月2日はローズの日】花言葉で想いを伝える~色編~ 

 

6月2日はローズの日!

バラはプレゼントに贈られることが多いからでしょうか、色と本数で花言葉が何種類にも変わるお花です。

今回は色ごとの花言葉をご紹介いたします。あなたは誰に、何色のバラを贈りたいですか??

 

白 「尊敬」「純潔」 ・・・ ご両親、目上の方に

 

『アバランチェ』 

 

赤 「情熱」「愛しています」「美」 ・・・パートナーに

 

『サムライ08』

 

もう少し個性的なのがいいな…という場合はこのような花型のものもおすすめです。

花弁が多めで、いまどきおしゃれな感じですね。

 

『カーマインクラシック』 

 

ピンク 「しとやか」「上品」「可愛い人」・・・お母さん、パートナーに

 

『ピンクラナンキュラ』

 

オレンジ 「無邪気」「魅惑」「絆」・・・きょうだいや友人に

 

『マンゴーリーバ』

 

黄色 「友情」「平和」「愛の告白」・・・友人、同級生に ※父の日のお花でもあります!

 

『ソラーレ』

 

*パートナーへの贈り物には要注意!

 黄色のバラには「愛情の薄らぎ」、小さな黄色のバラやつぼみには「笑って別れましょう」という意味も。

(黄色はユダの衣装の色であるため、西洋ではネガティブなイメージの花言葉が与えられがち)

 

緑 「穏やか」「希望を持ち得る」 ・・・癒されてほしい人、新婚さんに

 

『グリーンフィールド』

 

 

青 「夢かなう」「神の祝福」「奇跡」・・・夢に向かって頑張る人、願いを叶えた人に

 

アバランチェ染め(ロイヤルブルー)

 

紫 「誇り」「気品」「尊敬」 ・・・ご祖父母や目上の方に

 

『リトルシルバー』

 

虹色 「無限の可能性」 ・・・転機を迎える人、こどもや学生に

 

『カラフルドロップス』(染め)

 

 

葉やつぼみ、色の組み合わせでも花言葉があるようですよ。

 

沢山ご紹介しましたが、

「あの人にはこの色が似合うな」「この色が好きそうだな」

という色であれば、花言葉を気にせず選んでもいいんじゃないかな、と思います。

パートナーに元気の出る黄色のバラを、というのもとても素敵なことです。

 

その方を想う気持ちが一番の贈り物ですから、色を選んだ理由もプレゼントと一緒にお伝えすると

きっと一層喜んでいただけるのではないでしょうか。

 

営業企画部

 

一覧ページに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。