名港フラワーブリッジNews

HOME > ブログ > 【6月2日はローズの日】花言葉で想いを伝える~本数編~
2020/05/27
【6月2日はローズの日】花言葉で想いを伝える~本数編~

6月2日はローズの日!

今回は本数で変わるバラの花言葉をご紹介します。短編小説でも書けそうなロマンチックさです。

 

まずは1~10本!思いついた時に用意しやすい本数です。特別な日にも、何でもない日にも。

 

1本 ・・・「一目惚れ」「あなたしかいない」

2本 ・・・「この世界は二人だけ」

3本 ・・・「愛しています」「告白」

4本 ・・・「死ぬまで気持ちは変わりません」

5本 ・・・「あなたに出会えたことの心からの喜び」

 

6本 ・・・「あなたに夢中」「互いに敬い、愛し、分かち合おう」

7本 ・・・「ひそかな愛」

8本 ・・・「あなたの思いやり、励ましに感謝します」

9本 ・・・「いつもあなたを想っている」「いつも一緒にいましょう」

10本 ・・・「あなたはすべてが完璧」

 

 

個人的なおすすめは5本です。メッセージもサイズも大げさすぎず、どんな関係性でも使えます。

 

 

続いて11~50本!より特別感のある花束になりますね。

プレゼントに良さそうなものをピックアップしてお届けします。

 

11本 ・・・「最愛」

12本 ・・・「私と付き合ってください」「結婚してください」

13本 ・・・「永遠の友情」

14本 ・・・「誇りに思う」

18本 ・・・「誠実」

 

21本 ・・・「あなただけに尽くします」

24本 ・・・「一日中想っています」

25本 ・・・「あなたの幸せを祈っています」

50本 ・・・「永遠」「偶然の出会い」

 

12本のバラは「ダズンローズ」と呼ばれ、挙式や披露宴のセレモニーで

「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」

の12の誓いの言葉を込めて、花婿から花嫁に贈る風習があります。

 

 

最後にインパクト大な90本以上!ここぞという時の、思い出に残る贈り物です。

 

99本      ・・・「永遠の愛」

100本 ・・・「100%の愛」

101本 ・・・「これ以上ないほど愛しています」

108本 ・・・「結婚してください」

365本 ・・・「毎日君を想う」

999本 ・・・「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

 

100本、108本のバラはプロポーズのお花や、披露宴のサプライズとして人気!両手で抱え込むほどのバラの花束は一生の思い出になりますね。

108というと煩悩の数…?と思ってしまいますが、108が「永遠(とわ)」と読めることが数字の由来のようですよ。

 

 

なかなか言えないような言葉も「こんな花言葉らしいから」と理由をつければ、ちょっと伝えやすいかも。

色と組み合わせればさらに何種類もの気持ちが表現できますね。

 

ローズの日は大切な人に感謝と幸せを贈る日。バラならではの届け方で、想いを伝えてみませんか?

 

 

営業企画部

一覧ページに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。