名港フラワーブリッジNews

HOME > ブログ > 【6月2日はローズの日】白いバラから赤いバラが咲いた!?
2020/05/30
【6月2日はローズの日】白いバラから赤いバラが咲いた!?

 

中日新聞様に営業企画部浅野のコメントが掲載されました!

 

娘さんから母の日にもらって以来育てられていた白バラから、突然赤バラが咲いたとのこと。

一部の枝だけが突然変異することによる「枝変わり」という、植物特有の現象ですね。

 

 

枝変わりした枝を切り取って挿し木にすると、新しい品種として育てることができ、

白バラの「アバランチェ」にも、「スウィートアバランチェ」「ピーチアバランチェ」「キャンディアバランチェ」などの枝変わり品種があります。

 

(展示中の品種です!)

 

それぞれ色が違いますが花型はそっくりですね。

 

育てる環境や品種によって枝変わりが出やすくなることもありますが、

一般家庭で発見されるのはなかなか珍しいこと。

娘さんのお母様を想う気持ち、そんなバラを大切に育てられてきたお母様の愛情が形になったように思えてなりません。

 

 

営業企画部

 

 

一覧ページに戻る